水光注射ではどんな成分を補給することができるのか?

水光注射で得られる成分とは? - 水光注射と併用してはいけないこととは

水光注射と併用してはいけないこととは

水光注射は肌を刺激する治療方法ですので、施術後は肌の取り扱いに気を付けなければいけません。普段でさえ外気に晒されてストレスを受けている顔の肌ですので、通常以上の刺激を受ける水光注射を施術した場合はストレスを吸収しやすくなっているほか、いつもは大丈夫である行動もストレスとなり、副作用が起こってしまうことがありますので注意しましょう。
■飲酒
飲酒によりアルコールを摂取してしまうと、体内の血液が通常よりも活発になってしまいます。特に、お酒を飲んで顔が赤くなる体質の人は、水光注射施術後、いつまでも赤みが引かなかったり、腫れてしまう可能性もありますので注意してください。
■サウナ・マッサージ・運動
飲酒と同じく体の血行が良くなってしまうので、注意です。できれば行わないのが得策です。特にフェイシャルマッサージになると、直接施術した場所が刺激されるので、場合によっては出血をすることもあるので控えるようにしましょう。フェイシャルマッサージをはじめ、顔に対するマッサージやステなどは1か月ほど開けた方がいいと言われています。入浴やシャワーはOKですが、できるだけ控えるか、ぬるま湯などで退所するようにしましょう。
■メイク
施術後は控えるようにしてください。できれば一日程度間を置いた方がよいでしょう。また、化粧水などのスキンケアも控えた方が良いでしょう。化粧品自体が刺激となる場合もありますが、雑菌が入ってしまうこともありますので、やめておきましょう。また、一日おいてメイクをした時に痛みなどが発生したらすぐに落とし、それでも腫れたり、赤みがある場合は病院に連絡しましょう。すぐに対処することで大事になることを防げます。自己観察が大切です。

関連する記事

次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 水光注射ではどんな成分を補給することができるのか? All Rights Reserved.